うつ病を本気で治したい【治療方法を事前にチェック】

男性

良い医療施設を見付けよう

ハート

決める時は写真も参考に

ある日、もしも自分がうつ病かもしれないと感じた時は、精神科ないしは心療内科の医療施設を探してみてください。厳密には精神科と心療内科は、専門分野がまるで違う個別の外来ですが、どちらもうつ病の治療を行っています。また、精神科という言葉から受けるインパクトが強いなど、その門をくぐることに抵抗があるなら、最初は心療内科で診てもらっても良いでしょう。メンタル面での症状が強く、専門外来で治療した方が良いと心療内科医が判断した場合は、精神科への受診をすすめてくれます。診察を申し込む医療施設を探す時は、インターネットで検索を行い、精神科や心療内科を調べると便利です。電話帳で調べるのも有効ですが、インターネットなら院内の風景やドクターの顔が分かる場合も多く、沢山の情報を基に選べます。最初は不安な気持ちでいっぱいでも、数々の情報を知ることで、うつ病の相談へ向かうことや、医療施設の敷居を下げることもできるのです。うつ病の治療では医師や医療施設との相性も極めて大切ですので、通っても苦にならない診療所や病院を基準に選びましょう。数あるうつ病の中には、つらい経験をしたことが発端となり、それに類似する物や連想する物を目にしただけでも、うつ症状を引き起こすケースがあります。ですから医療施設の様子や、医師の写真なども事前にチェックできれば、それだけ自分に合った診察先を探せるのです。そして、初診の日は医師との相性を判断するほか、しっかり説明してくれるか、同意の上で治療や薬を処方してくれるかもチェックしましょう。これはインフォームドコンセントとも呼ばれていますが、これが行き届いている医療施設なら、基本的に安心して治療が受けられます。例えば処方薬も、出された薬を単に飲むよりも、どんな効き目でどんな飲み方をすれば良いのか、教えてもらった上で飲みますと、一層優れた効果を期待できるのです。一方、医師との相性ですが、最初はかみ合わないこともあるかもしれませんが、途中から打ち解ける場合があるため、しばらくは様子見で良いでしょう。ただし初回の印象が著しく悪い場合や、通院を重ねても一向に意思疎通ができない時は、別の治療先を探すのも賢い一手です。相性はドクターの技量とは別の次元でもありますから、心を開い安心して話せる医師の治療を受けることが、うつ病では重要になります。