うつ病を本気で治したい【治療方法を事前にチェック】

男性

心の病を知る

看護師

特徴と対策

目まぐるしい時間が流れる現代のストレス社会において、うつ病は最も有名な心の病の一つです。誰にでも発症する可能性がある病だからこそ、その特徴を知って対策をする必要があります。心の病であるうつ病ですが、その症状はこころとからだの両方に現れることを知っておきましょう。主なこころの症状として、朝から昼にかけて特に気分が落ち込んだ状態がつづく「抑うつ状態」が挙げられます。その他に、集中力が低下したり小さなことでも決断をできなくなってしまう「思考力の低下」や、それまで好きだったものごとに対する意欲がなくなったり、友人や家族と話すことさえも面倒に感じてしまうなどの「意欲の低下」が症状として現れます。このような症状は、からだの症状に比べると分かりにくいものなので、日頃から周囲の人同士がお互いをよく見ておく必要があります。からだの症状は自覚がしやすいものですが、うつ病が原因であると判断するためには時間が必要な場合もあります。主なからだの症状は、寝付けなかったり夜中に何度も目を覚ましたりといった「睡眠異常」や、疲れがとれない状態やからだが重い状態が続く「倦怠感」などがあります。また、ホルモンの異常によって月経不順や性欲低下といった症状が現れる場合もあります。しかし、このようなからだの症状の原因がうつ病だと判断することは、当事者だけでは難しいことが大多数です。もしもうつ病を放っておくと、人間関係や社会生活に重大な問題を引き起こすことが少なくありません。こころやからだに異変を感じた場合、早いうちに精神科の専門医に相談して治療を進めていく必要があります。うつ病の治療として、現在最も有効とされているのは「休養」と「薬物療法」です。うつ病の発症原因として、仕事や人間関係におけるストレスが挙げられます。そのため患者は働き盛りの中年層が多いと言われます。疲労しきったこころとからだを十分に休めることは、うつ病患者が最も行うことができなかった行為であり、最も必要とされる治療です。十分に休養することで、精神科の専門医が処方するくすりでの治療の効果も上昇します。「抗うつ薬」と呼ばれるうつ病対策のくすりが、からだの中にある異常を治そうと働きかけます。誰もが患者になりうるうつ病の特徴と対策を詳しく知ることで、自分や周囲の人の「万が一」に備えておくことができます。