うつ病を本気で治したい【治療方法を事前にチェック】

心にひと時の安らぎを
看護師

心の病を知る

こころの病であるうつ病になると、思考力の低下などのこころの症状と、睡眠異常などのからだの症状が両方現れます。もしもうつ病になったら、休養をしっかりとることとくすりを用いた治療によってうつ病克服を目指します。

医療

日常のストレスに気付く

うつ病の原因は、日常生活における人間関係や環境変化に伴うストレスです。さらに、そのようなストレスを抱え込みやすい「性格」がうつ病の発症に大きく関連しています。どんなタイプのうつ病でも、周囲の環境と自分自身に目を向けることで予防が可能です。

カウンセリング

無理はしないようにする

うつ病を発症したら、焦ることなくじっくりと治療に臨みましょう。焦りはストレスとなり、さらに症状をひどくさせてしまうこともあるからです。また、興味のあることを堪能したり、置かれている環境を変えてみたりすることもお勧めです。

女性

薬代がかかる

うつ病の治療は薬を使うことが一般的です。通常、三割負担なので、他の病気治療と同じ程度の費用となっています。少しでも安く抑えるためには、できるだけ通院頻度が減り、薬の量が減ることを目標にして通うようにしましょう。

ハート

良い医療施設を見付けよう

もしもうつ病と感じた時はインターネットを使い、院内や医師の写真も参考にして、診察先を選ぶのが賢明です。そして、初診では医師との相性を確認するほか、治療や薬に関してしっかり説明などをしてくれるかを確かめ、治療先として相応しいかを判断します。

サポートが大事

男性

不安を取り除く

うつ病の治療においては医療機関を受診して薬剤を使用して治療するだけでなく、十分な休養も必要となります。うつ病を発症すると自己管理をすることが難しくなるので家族など周囲の人のサポートが大事です。仕事や家事などにおいて責任感を強く持つ人はうつ病を発症したとしても休養を取ることに対して罪悪感を感じることがあります。そのような状態で休養を取ったとしても効果を期待できないので、休養を取ることの重要性を理解してもらうことがポイントです。同時に薬剤を使用した治療も行います。使用される薬剤は抗うつ剤と呼ばれており、服用することによって症状を改善します。抗うつ剤を使用する際に知っておきたいこととして効果が出るまでには時間がかかると言うことです。そのことを患者が理解する必要があります。なぜならば、服用してもすぐに効果が現れなければ抗うつ剤に対して否定的な見解を持つ可能性があり、かえって症状を悪化させるリスクがあるからです。もしも抗うつ剤に対して不安を感じる場合は医師に相談することが大事です。何よりもまずは患者の不安を取り除くことがポイントです。抗うつ剤にもさまざまな種類があります。副作用の少ない薬剤も開発されていますが、体調や体質などによっては副作用の症状が現れることもあります。ただ、飲み慣れることによって副作用の症状は改善します。うつ病の治療においては完全にうつ病を治すことではなく、患者それぞれに必要な生活を行うことができるように回復することに主眼が置かれています。そのため、抗うつ剤を使用して症状が改善してきたら、うつ病を発症した原因が何であるかを振り返ることがポイントとなります。それにより自分自身を知ることができ、再発のリスクを下げることができます。しかしながら、原因を振り返りたくないと感じる人もいます。そのような場合にも家族のサポートが重要となります。しっかりと話を聞く、状況を整理する手伝いをすることで再発を防ぐことが可能となります。また、患者に違和感がある場合には医師にこまめに連絡することもポイントです。